Back

 風が落ち着いてきた午前8時40分。写真を撮り終え戻ってくるとランディング間もない嶋崎さんが釣れた魚の写真を撮っている。取材対象の三人のなかで待望の初ヒットは50㎝前後のレイクトラウト!NFM編集者…「誰かファイトシーン撮ってないですか?」嶋崎…「そんなの撮るようなヤツらじゃないですよ!」中峰…「場所変わらなきゃよかったな〜」。山口…「釣られたなあ〜」。あれ?何この雰囲気。祝福ムードゼロ?どうやらこの三人は仲はいいけど、釣ることに関してはお互いライバル関係。なにげに競争しているみたいです。気まずいところですが写真を撮らせていただきます。ヒットフライはグレーオリーブのストリーマー。タイプⅡを20秒ほど沈ませてゆっくりめのリトリーブ。

※NFMvol.2引用

graphichand's